赤い車

車を手放してしまったみなさん本当に車って必要なの

若者の車離れと地方の事情

車

近年、若者の車離れがよく問題視されています。

以前までならば、とくに成人男性は車というものに興味が深く、運転免許証を取得すると共に、自動車を購入するのがごく普通の流れでした。

しかし、近頃はそうした流れや、車そのものに興味を抱かない若者が増えてきているというのです。

確かにそうした傾向は少しずつ強くなってきてはいると思います。けれども、その大半はあくまでも都市部に関しての話であり、地方の交通事情を鑑みると、車離れどころか車無しの生活は、いささか困難であると言えます。

というのも、都市部ではバスや鉄道といった交通インフラが充実しているわけですが、地方は現在においても、それほどそれらが発展していなかったりするのです。

たとえば東京や大阪ならば、いつでもほとんど待ち時間もなく移動のために地下鉄などを利用することができます。しかるに、一方の地方部は、電車のダイヤひとつにしても30分に1本、それに乗り遅れると大幅に時間をロスしてしまうという事情があったりするわけです。

ですから、必然的に移動手段のメインは車となります。家庭を持ち、子供が生まれれば、なおさら車の保持が円滑な生活のための重要な条件となってきたりもするのです。

以上のような理由から、地方にとっては若者の車離れの問題は、まだまだ厳しいそれではなく、ゆるやかなものであると言えるでしょう。

地方で暮らす私たちの必需品

私たち、地方に住む者にとっては、車はかかせない必需品です。
仕事に行くのはもちろん、買い物や公共施設。
どこに行くのにも車を運転します。
一般家庭では、車を所有する台数は最低でも2台は当たり前です。
おかげさまで、家の敷地も都会に比べると広いせいか駐車場を
借りることもなく、平均的に2~3台の駐車スペースはあります。
だいたい、普通車1台と軽自動車が1台という割合が多く
道路を走っていても軽自動車を見かけることが多いです。
軽自動車はコンパクトで経費も最小限に抑えられるので
2台目に購入することが多いのでしょう。
地方に住んでいなければ、たぶん、私も車を所有することもなかったし、
免許を取得することもなかったと思います。
そう思うと、地方に住んでいて良かったなと思います。
車の運転は危険もありますが、楽しいことがたくさんあります。
慣れるまで、走行や駐車に不安はありますが、
慣れてしまえば、いつでも好きな場所へ出かけられます。
また、車の購入は大きな買い物ですが、自分の好きな車を手にしたときは
本当に嬉しい限りです。
長年愛用した車は家族同然のようなもので、メンテナンスにも力が入り
大事に乗ろうと思います。
地方で暮らすからこそ、手に入れられた喜びです。
これからもマナーを守って活用していきたいと思います。


大阪本町の会計士事務所【リトラス総合会計事務所】 スピードとクオリティーを備えた会計事務所なら【リトラス総合会計事務所】です!ITを用いた戦略的会計であなたの強い味方となることを約束いたします!まずはお気軽にご相談ください! 住所:〒5500005大阪府大阪市西区西本町1-7-1信濃橋FJビル6F 電話:06-6534-5806

ピックアップコンテンツ

自家用車って本当に必要なの?

みなさんは車を持っていますか?私は7人乗れる車に乗っています。以前は普通の5人乗りのセダンタイプの車に乗っていたのですが、困ることが多く買い替えの時に一度にもっと多く乗れる車をと…

くわしく読む

私の車のちょっとマニアックな見方

私の上の息子は今4歳。趣味はもっぱらミニカー集めで、今ではそのミニカーを基準に、普通の車の車種も言い当てられるほどになりました。下手をすると、元々車好きの主人よりも詳しく…

くわしく読む

私の車はやがて主人の物に

私は今、軽自動車に乗っていて、主人はスポーツタイプのセダンに乗っています。子供がそろそろ大きくなってきて、家族全員プラスどちらかの両親を誘って外出をすることも多くなったのですが、…

くわしく読む

ニュース一覧

TOP